So-net無料ブログ作成

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」 [その他ギャンブル]

f:id:yamazakura77777:20170505230338j:plain

 

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

今までルーレットのベッティングシステムはアウトサイド(赤黒、コラムなど)ばかり研究してきた。

 


インサイドは確率が悪く、始めから無理だと無視していたのである。

 

 

それが、あるときライブのネットカジノで、インサイド専門の張り方を見て、このような賭け方もあるのかと目が覚めた。

 

 

それはフラワーベットに近い方法で、インサイドに10点近くも張り、それが不思議なほどよく当っていた。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

 

どうやらルーレット盤を6分割ほどして、その分割の数字に集中的に張っていたようである。

 

 

 何か出目を見て張っているようで、当らなくなると休憩して様子を見ている。

 

 

そしてまた突然に参加してきて、ものの見事に的中している。

 

 

このような方法が出来ないか、それ以後、色々と試したがどうしてもうまく行かない。

 

 

 当っても長続きせず、点数が多いので連敗すると直ぐにマイナスに転じる。

 

 

もしかしたら出目が有効かと思い、数万回もルーレットを廻して出目を作成したが、全く役に立たず時間の無駄であった。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

 

フラワーベットの場合、中心に当れば一気に資金が増加する。

 


しかし、 中心に当る確率は1/37である。  注)0が一つのヨーロピアンルーレット。

 


それなら同じ確率の1点張りでやれないか、そう考えて様々な方法を考案した。

 

 

 始めはマーチングゲール系で研究したが、少しずつ儲けてもどこで必ず破綻してしまう。

 

 

やはり、負けた分を一気に取り戻す方法は極めて危険が大きい。

 

 

それならと、バーレ系で考案したが思うような結果が出なかった。

 

 

賭け数が多くなった時点で、連敗にハマリこれも一気に破綻する危険がある。

 

 

賭け数を増やさず、それでいて着実に増やす方法は無いか・・・。

 

 

試行錯誤の上、そして完成したのがルーレット一極法である。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

 

一極法は以前に考案したSU法(ステージアップ法)をベースにしている。

 

 

SU法はバカラ用のベッティングシステムであり、かなりの効果があった。

 


勝率がやや劣るが、ル-レットアウトサイドの赤黒用にも適用可能であった。

 

 

 特徴はステージ毎に進行する方法で連敗に強い。

 

 

ただ、損出分をステージ毎にて取り戻すものであり、複数回の勝ちで損出分をカバーして利益を得る。

 

 

 SU法は連敗が続くとモンテカルロ程ではないが、賭け数が増加していく。

 

 

マーチングゲール系のように1回の勝で利益を得る方法では無いので、勝負が長引くと損出分が多くなり取り戻すのにかなりの時間を要した。

 

 

一極法を考案するときにこのSU法が思い出され、昔の資料を再検討した。

 


その結果、 SU法のステージアップを緩やかに改良し、そこに持ち点制を設けることにより、一点張りの有利性が確認できたのである。

 


SU法は赤黒2倍の配当だが、ルーレット一極法の1点張りは36倍の配当である。

 

 

この損出分を一気に取り戻せる破壊力により、一極法はSU法の欠点を補い、低リスクでありながら、かなりのリターンが望めるシステムになっている。

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

 

ルーレット一極法

 


ルーレット一極法はインサイド1点張りの戦法である。

 

 

インサイドの1点張りは当れば36倍の配当になる。

 

 

つまり同じ単位を賭け続けたとき、35回までに当れば儲けとなる。

 


0が一つのヨーロピアンルーレットなら1/37で当る。

 


1/37では中々当らない気がするが、パチンコのデジアマで1/99、ミドルで1/300、マックスで1/399に比べれば、はるかに当る確率は良い。

 

 

パチンコと比較するのは無理かも知れないが、当りやすいのは確かである。

 


パチンコは途中で単位を変える事はできないが、ルーレットは単位を自由に増加することができる。

 


ただ当る確立はあくまでも平均である。

 

 

それも数百万回もの長期間であり、通常行う数時間では、前記の表のように大きなバラツキとなる。

 

 

ハマリや連続で当ったりしてギャンブル性を加味している。

 

 

確率通りにゲームが進むなら誰でも勝てる。

 


一極法は大きなハマリを避け、前記の表のように必ず訪れる多発地帯にて一気に利を乗せる方法である。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

ネットカジノ|ルーレット一点張りの極意「一極法」

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。