So-net無料ブログ作成

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法 口コミ [病気]

f:id:yamazakura77777:20170522155749j:plain

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法

 

 

 

モデルの道端アンジェリカさん(31)が、自身のインスタグラムですっぴんの写真を公開し 、


皮膚疾患である「乾癬(かんせん)」であることを公表した。


「一切加工なしの洗顔もまだ してない寝起きのスッピン」だという顔にはうっすらとかさぶたの跡 ...

 

 

「病院に行っても原因どころか病名すら解らない…」


「次々と薬を変えても気休めにしか過ぎない…」

また、


 「民間療法や漢方薬も試してみたが、乾癬はより酷い状態になり、好転反応だと言われたが、乾癬は解消できなかった」
といったお話しもよくお聞きします。

 

 

一般的に、乾癬が発症したら一生付き合っていくしかない…と。

しかし事実、

 


40年以上に亘り、1000人以上の方達の乾癬を消し去ってきました。

 

f:id:yamazakura77777:20170522160035j:plain

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法

 

 

 

多くの方達を目で見て、触れてみて、膨大なデータを取り、経験を重ねるうちに、

 


乾癬で苦しんでいる方には、ある共通点があることに気が付いたのです。
 


その共通点とは手に現れます!特に左の掌です。

 

意外な共通点に疑問を持った私は、次に内臓に着目していきました。


そして、内臓に目を向けたことにより、本当の共通点、すなわち原因を突き止めることができたのです!

 

その共通点は背中にありました。


重症な方ほど、背中にハッキリと、あるサインが出ているのです。

 

サインが出ているといっても、背中に乾癬の症状が出ていることではありません。


ある内臓が悲鳴を上げているサインが出ているのです。

 

それは、血液検査等では見付けられない内臓からのSOSです。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法

 

 

 

そこで、その内臓に掛かる負担を取り除くための施術を施してみたのです。

 

その1週間後、施術院にいらしたお客様を見て私は驚きました。

 


たった1回の施術だったにもかかわらず、その人の乾癬は見違えるほど症状が落ち着いていたのです。

 

そして、2回、3回と施術を繰り返すうちに、乾癬はどんどん消えていき、


 施術回数が10回を超える頃には、乾癬症状の皮膚はほとんど消えて、


その方本来の滑らかな皮膚を取り戻すことができたのです。

 

 

もちろんステロイド外用薬などは一切使っておりません。

 

つまり、現代医学をもってしても治療法すら確立していない乾癬を、薬や光線療法に頼ることなく、解消することが出来たのです!

 

通常、皮膚科などで乾癬を治療するためには、ステロイド外用薬を用いた治療法が一般的です。

 

ですが、ご存知だとは思いますが、ステロイド外用薬では乾癬を治すことはできません。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法

 

 

 

なので、皮膚病として乾癬を捉え、体の外に問題があると考えて、ステロイド剤を用いたり、光線療法を行っても効果が現れないのです。

 


これまでの長い歴史の中で、体の外からの問題を発見できず、そのため解決も出来ていないので、


病院では未だに乾癬を治すことが出来ないのです。

 

従って、まず“疥癬の様な皮膚病である”という観念から遠ざかり、原因が体の外にあると考えるのではなく、


体の内側に目を向けて、原因を追及する必要があるのです。

 

それに、皮膚科で処方されるステロイド剤とは、

 

力に炎症を抑える作用と、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑える作用が期待できる薬品なので、


あくまでも“症状を抑える”目的のものですから、


塗布して一度は症状が治まったとしても、根本的に治っているわけではありません。

 

 

 

続きを読む

↓ ↓ ↓

現代医学でも解明されていない「乾癬(かんせん)」の治療法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。